おならの臭いを消す方法!腸内環境の改善が大事

健康的な女性

おならの臭いは、便秘などにより腸内細菌の「悪玉菌」が増えて、腸内環境が悪化すると臭くなります。おならのニオイが臭い、回数が多いという場合は、腸内環境の改善が必要です。

おならが臭い原因はコレ!腸内環境を整えてニオイを抑えよう」でも説明しましたが、腸内には約100兆個もの細菌が生息していると言われています。

その腸内細菌の中には、食べ物の消化・吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけたりする「善玉菌」、有害物質やニオイ物質を発生させる「悪玉菌」、優勢なほうに味方する「日和見菌」(ひよりみきん)の3種類があります。

基本的には善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%のバランスで存在するとされていますが、生活習慣や自律神経の乱れによって、この腸内細菌のバランスは変わります。

悪玉菌が優勢になれば、日和見菌はその味方をするので、腸内環境は悪化します。善玉菌が元気になれば、日和見菌はその味方をするので、腸内環境は良くなります。

悪玉菌が優勢になって腸内環境が悪化すると、悪玉菌によってタンパク質が分解されたときに発生するアンモニア、インドール、スカトール、硫化水素などのニオイ物質が増えて、便やおならが臭くなってしまいます

というわけで、便秘解消、そしておならの臭いニオイ解消のためには、善玉菌を元気にして腸内環境を良くする必要があるのです。

生活習慣を見直す

食事や睡眠などの生活習慣が乱れると、腸内環境は悪化します。毎日おこなうのは難しいかもしれませんが、なるべく規則正しい食生活、たっぷりの睡眠を心がけましょう。

アルコールの摂りすぎ、肉類などの食べ過ぎはとくに良くありません。すこし食生活が荒れているなと感じたら、次の日は野菜や豆類などを中心の食事にしたり、早めに夕食をとってきちんと睡眠をとったりしましょう。

日々の心がけで、腸内環境は改善していきます。

自律神経の働きに気をくばる

自律神経の乱れも、腸内環境の悪化をまねきます。自律神経とは、意思とは関係なく体のはたらきをコントロールしている神経で、興奮時に優位になる「交感神経」と、リラックスしているときに優位になる「副交感神経」があります。

この2つが強弱を切り替えながら体をコントロールするのですが、胃腸のはたらきに関係しているのは、リラックスしているときに優位になる副交感神経のほう。

そのため、副交感神経が優位になっていれば、腸のはたらきである「ぜんどう運動」が活発になります。そうなれば便をうまく排出できますし、おならが臭くならずに済むのです。

自律神経はストレスに影響されるので、ストレスをためないことが大事です。

なるべく生活習慣を整えて、家族や友人と楽しい時間を過ごす。暴飲暴食をせず、寝る3時間前には飲み食いをやめて胃腸を休ませる。夜12時前にはベッドに入り、朝起きたら太陽の光を浴びる。

そういった生活をすることで、自律神経の切り替えがスムーズにおこなわれるようになり、腸のぜんどう運動も促されます。その結果、おならの臭いニオイ改善へとつながるのです。

アンチエイジングも有効

悪玉菌は、加齢によっても増えます。これは避けることのできない事実なので、なるべく上記の2つ「生活習慣を見直す」「自律神経を整える」に気をつけて生活することが大事です。

ただ、加齢と言っても、誰もが等しく老化するわけではありません。ふだんから健康に気をつけることで、年齢以上に老化することは防げますし、ハメをはずした生活習慣を続けなければ、腸のはたらきが衰えるスピードを遅くすることができます。

ストレスをためこまない程度に、良い生活習慣を送ることを心がけて、腸内環境を整えていきましょう。

※ ただ、慢性的な便秘などの症状がある場合は、生活習慣の見直しなどをおこなうだけでは、腸内環境の改善ができない場合があります。その場合は、整腸を助けるサプリがオススメです。

おならの臭いを消す!悪臭対策サプリ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ