善玉菌を増やすヨーグルトの選び方

プレーンヨーグルト

おならの臭い対策として、腸内環境を改善することは非常に大事です。悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことで腸内環境が良くなり、それによってニオイのある有害物質が減少するからです。

善玉菌を増やす方法としては、ヨーグルトを食べるのが一般的で、身近な方法だと思います。

しかし、どのヨーグルトでも同じ効果を得られるわけではありません。きちんとビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が多く含まれたものを選んだり、食べるタイミングを考えたりする必要があります。

ここでは、善玉菌を増やすヨーグルトの選び方、そしてオススメの食べ方を紹介します。

生きたまま腸まで届く?

ヨーグルト選びで大事なポイントは、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が「生きたまま腸まで届くかどうか」ということです。

生きたまま腸まで届いてカラダに有益な効果をもたらす微生物を「プロバイオティクス」といいますが、きちんとプロバイオティクス食品として製造されているものかどうかが重要なのです。

一般的に乳酸菌は胃酸や胆汁酸に弱く、食べ物から摂ろうとしても大腸に届く前に死滅してしまいます。ビフィズス菌は乳酸菌よりもさらに弱く、死滅してしまう割合も多くなります。

しかし中には、酸に強く、生きたまま腸まで届く菌種や菌株も存在します。そういった強い菌をつかって発酵しているヨーグルトなのかどうか、それがまず大事なポイントです。

それをふまえて、パッケージに「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く乳酸菌(ビフィズス菌)入り」と表記されたものを選びましょう。

より良いのは、国が科学的な効果を認めている特定保健用食品(トクホ)です。具体的には、ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536というビフィズス菌を含む、森永乳業の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」などがオススメです。

ちなみに、死菌がまったく意味がないというわけではありません。

死菌でも、その菌体成分が免疫細胞を刺激することで、全身の70%程度の免疫細胞が集まっているとされる腸内の免疫系を、活性化することがわかっています。死菌でも免疫力アップの効果を期待できるのです。

ただ、整腸作用という点では、やはり生菌を摂るのが良いと思います。ですので、できればプロバイオティクスのヨーグルトで、乳酸菌だけでなくビフィズス菌を配合したものを選ぶのがオススメです。

食べるタイミングも大事

善玉菌を増やすには、ヨーグルトを食べるタイミングも意識する必要があります。

上記でも説明したように、ビフィズス菌や乳酸菌は酸に弱いという性質があります。空腹時は、胃の中の酸性度が高くなっていますので、できれば食後の酸性度が低くなったタイミングで食べるのが良いです。

「プロバイオティクスのヨーグルトなら、酸に強い菌を含んでいるから安心」と思うかもしれませんが、なるべく生菌の割合が高くなるタイミングを選ぶほうが良いと思います。

食事をして、胃の中が食べ物で満たされて胃酸が薄まっているときを見はからって、善玉菌を摂るようにしましょう。

オリゴ糖を加えて効果アップ

ヨーグルトに甘味をつけたい場合は、グラニュー糖よりもオリゴ糖がオススメです。

オリゴ糖とは、ブドウ糖や果糖が複数結びついた少糖類に分類されるものですが、ここでいうオリゴ糖はそれらの中からショ糖や麦芽糖、乳糖などの二糖類をのぞいたもの。3~10個くらいの糖が結びついたものです。

具体的にはガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロースなどのこと。

オリゴ糖の何が良いのかというと、ビフィズス菌の栄養源となり、腸内にもともと生息しているビフィズス菌を増やす効果があるということです。

ヨーグルトや乳酸菌サプリなどでカラダの外から摂ったビフィズス菌は、一時的に腸内の善玉菌の勢力を増やし整腸作用や免疫力アップ、腸内フローラの改善に貢献しますが、それは長くは続きません。

外から摂ったものは定着せずに、いずれ大便と一緒にカラダの外に排出されてしまいます。

そこでオリゴ糖の出番です。オリゴ糖ならば、もともと自分の腸内にすんでいるビフィズス菌を増やすことができます。すでに生息している菌は自分の腸に合ったものなので、それが勢力を増すことで大きな効果を期待できます。

また、人間のカラダ自体にはオリゴ糖を分解する酵素がないので、小腸であまり吸収されません。たとえば乳果オリゴ糖は、その90%以上が胃や小腸で吸収分解されずに、そのまま大腸まで届きます。

つまりオリゴ糖は難消化性の成分であり、血糖値の上昇を抑えるのにも適しているといえるのです。

さらに、カロリーは砂糖の2分の1程度。肥満が気になるという方や、ダイエット中の方でも安心して摂ることができます。もちろん摂り過ぎは禁物ですが、砂糖ほど気にしなくて良いというのが嬉しいですよね。

というわけで、ヨーグルトにはオリゴ糖を混ぜて食べることをオススメします。それによって、より高い整腸効果を期待できます。

オススメのオリゴ糖製品は「はぐくみオリゴ」

オリゴ糖は一般的に、甘味料として売られています。そのため、市販のオリゴ糖製品には添加物が多く含まれたものや、人工的な甘味がつけられたものが少なくありません。

特定保健用食品(トクホ)として販売されているものもあり、それらはもちろん国の許可を得て効果を表示できるものとして認められているので、効果もありますし、安心感もあります。

しかし、オリゴ糖の含有量が多いというわけではありません。実際にトクホとして売られているある商品には、1種類のオリゴ糖しか含まれておらず、原材料名には添加物が多く表記されています。

冒頭のヨーグルトの選び方の部分では、トクホの商品が良いとしてオススメしました。しかしオリゴ製品に関しては、「市販のものは比較的効果を感じにくいのではないか」と、個人的には思っています。

そこでわたしがオススメするのは、通販限定で売られているオリゴ糖製品です。

通販限定の「はぐくみオリゴ」は、純度100%のオリゴ糖製品。つまり、原材料100%すべてオリゴ糖なのです。添加物が一切含まれていないので、純粋にオリゴ糖だけを摂ることができます。

また市販の1種類しか含まれていないオリゴ糖製品とはちがい、はぐくみオリゴには5種類のオリゴ糖がブレンドされています。

腸内にすんでいるビフィズス菌の種類や組合せは人それぞれちがい、好みのオリゴ糖の種類もちがいます。そのため、摂取するオリゴ糖によって活性化の度合いが変わってくるのですが、はぐくみオリゴはその点にも配慮しているのです。

「通販はちょっと心配」と思うかもしれませんが、お得な定期コースなら初回価格は1,840円(税込)で送料無料。さらに、10日間の返金保証もついています。飲んでみて合わないと感じたら、返金してもらうことができます。

5種類のオリゴ糖がブレンドして配合されている、トクホ商品よりも濃密な純度100%のオリゴ糖製品。無香料・無着色で、妊婦さんや赤ちゃんでも摂取できるはぐくみオリゴで、善玉菌を増やしましょう。

はぐくみオリゴの詳細・購入はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ