おならがよく出る原因と対策

リラックスしている女性

お腹の調子やおならの臭いに関する悩みというのは多くの人が抱えているものだと思いますが、おならに関していえば、ほかにも「おならがよく出る」という回数についての悩みを持っている方もいるようです。

おならの回数が多い場合、その原因は「空気を飲みこみ過ぎている」「腸内環境が悪化している」の2つが考えられます。ここではその詳細と、おならがよく出る症状の対策を紹介します。

おならがよく出る原因

おならがよく出る原因のひとつは「空気の飲みこみ過ぎ」です。

おならは臭いものですが、そのニオイのもととなっている、腸内で発生する有害なガスは全体の10%程度。そして血液中のガスが腸内に出たものが約20%で、残りの約70%は空気だとされています。

おならは臭いというイメージがあると思いますが、実際には、その成分のほとんどは無臭の空気なのです。

それでは、その空気はどこからくるのでしょうか。それは、食事のときに食べ物と一緒に飲みこんでしまった空気や、緊張したときにゴクンと唾液を飲みこんだときに一緒にとりこんでしまった空気です。

というわけで、おならの回数が多い場合、空気を飲みこみ過ぎないことが大事です。

おならがよく出る原因のもうひとつは「腸内環境の悪化」です。

加齢やストレス、偏食などによって腸内細菌のバランスが崩れて、腸内の悪玉菌が増えると、その悪玉菌がタンパク質を分解してつくりだす有害物質(ガス)が増えます。それにより、お腹にガスが溜まるのです。

ガス腹の問題点

おならがよく出る場合、お腹が張って苦しいとか、強い腹痛があるとか、自宅でも職場でもおならが頻繁に出て困るとか、そういった自覚症状があらわれることが多いと思います。

しかし、おならの回数が多い、お腹に張りがあって苦しいという自覚症状がなくても、注意は必要です。

特に、痩せているのに下腹だけはポッコリしている場合は「ガス腹」の可能性があります。腹部膨満感などがなくても、お腹にガスが溜まっているという状況には変わりありません。

ガス腹の問題点は、免疫力の低下、肌荒れ、体臭や口臭などの原因になることがあるということです。

お腹のガスが空気だけならば良いのですが、10%程度は腸内で発生した有害物質が混ざっています。腸内環境が悪化している人の場合、もっと有害ガスの割合が高くなっている可能性もあります。

それらのガスがおならとして出るならば健康上の問題は起きないのですが、腸壁から吸収されて、血液に乗って体内を巡ってしまった場合は、上記のような肌荒れや体臭などの症状を引き起こすおそれがあります。

自覚症状がないという場合、おならを我慢しすぎて感じにくくなっている可能性があります。そうすると、ガスをおならとして排出できず、カラダ中に流してしまう可能性が高くなります。

おならがよく出る場合は、我慢せずに出すことも大事なのです。

おならの回数が多い場合の対策

おならがよく出るときの対策は「食事をゆっくりとる」「歯と歯のあいだを離す」「腸内環境を改善する」の3つです。

空気を飲みこみ過ぎている場合、その原因は早食いにあることが多いです。食べ物をあまり噛まずに飲みこんでしまうと、同時に空気を飲みこんでしまうことが多くなります。

ゆっくり咀嚼して、口内での「物理的消化」をしっかりとしたうえで胃腸に流すことで、飲みこむ空気の量が減りますし、消化吸収も良くなります。カンタンにできることなので、ぜひ試してください。

空気の飲みこみ過ぎのパターンとして、緊張したときや強いストレスを感じたときなどに、グッと歯を噛むことで分泌された多量の唾液を飲みこんでしまう「呑気症」という症状があります。

呑気症の対策は、歯と歯のあいだを離すことです。グッと噛むことで唾液が出るので、歯と歯を離しておくことでそれを防ぐのです。

ストレスを感じたときなどは、そういった細かいことに意識が向かないかもしれませんが、気がついたときはなるべく歯を噛まないように意識してみてください。

そしてさいごに、空気の飲みこみ過ぎ以外の原因である「腸内環境の悪化」の対策ですが、これは善玉菌を増やす食べ物を摂ったり、生活習慣を改善したりすることです。

これについては、詳しい内容を「善玉菌を増やす方法」に書いているので、ぜひそちらを参考にしてください。善玉菌を効率的に増やすための、オススメの乳酸菌サプリの紹介もしています。

食事のとり方を変えることや、歯を食いしばらないこと、腸内環境の改善などを意識して、おならがよく出る原因を取り除いていきましょう。

善玉菌を増やすサプリのおすすめランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ