おならが臭い原因はコレ!腸内環境を整えてニオイを抑えよう

女性医師

おならがのニオイが臭い、おならの回数が多いという場合、腸内環境が悪くなっている可能性があります。

腸内環境が悪化すると、腸のはたらきが低下します。腸のはたらきとは、つまり「ぜんどう運動」のこと。ぜんどう運動によって、便が肛門の手前(直腸)まで送られて、最終的に「排便」されるという流れになります。

ぜんどう運動が弱くなると、うまく便が排出できず、腸内に便が長く停滞することになります。長いあいだ便が滞留すると異常発酵してしまい、毒素や有害物質をだします。そのとき、悪臭のもととなるニオイ物質も発生します。

その結果、おならや便が臭くなってしまうのです。

ニオイ物質の発生のしくみ

おならは、腸内のガスが肛門から排出される現象です。そのガスのうち、約7割は空気、2割は血液中のガスが腸へ排出されたもの、そして残り1割が食べ物のカスが悪玉菌によって分解されてできたガスです。

空気や血液中のガスは、とくに強いニオイをだしません。問題は、悪玉菌によって分解されてできたガスです。

腸内には約300種類、約100兆個もの細菌がすんでいると言われています。このうち、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見(ひよりみ)菌が7割のバランスで存在しているとされています。

腸内環境が悪くなり悪玉菌が増えると、胃で消化しきれなかったタンパク質を分解して、毒素や有害物質、そしてニオイ物質をつくりだします。これがおならの臭いのもとです。

腸のはたらきが低下すると悪玉菌が増える

腸内には善玉菌と悪玉菌が、一定のバランスで生息しています。しかし腸のはたらきが悪くなると、食べカス(便のもと)が腸内に滞留して発酵していきます。それにより腸内環境が悪化して、悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増えると、より多くの有害物質やニオイ物質がつくられることになります。そのため、よりおならが臭くなります。

また、便が滞留すると便秘になります。便秘になると腸のはたらきがさらに悪化することになり、便秘が慢性化するおそれがあります。そうなると、当然おならのニオイも強烈になりますし、回数も多くなります。

肝臓のはたらきが悪くなると体臭や口臭が臭くなる

腸で発生したニオイ物質は、まず栄養と一緒に腸管から体内に吸収されます。その後、肝臓に送られて、栄養は血液によって全身に運ばれ、ニオイ物質は分別されて腸に戻されます。

ふつうは、ニオイ物質は肝臓のはたらきによって腸に戻されて、おならとして体外へ排出されます。しかし、肝臓のはたらきが弱くなっていると、きちんとニオイ物質が分別されず、血流に乗って全身へと運ばれてしまいます

ニオイ物質が肺に運ばれれば、呼気として体外へ排出されます。つまり、口が臭くなります。たまに口臭が便のようなニオイになっている人がいますが、このようなしくみで悪臭が口からでてしまっているのです。

また、ニオイ物質が皮膚表面に送られれば、汗として体外に排出され、体臭が臭くなります。

お酒を飲みすぎることは、腸にも肝臓にも良くないことです。おならだけでなく全身が臭くなる可能性があるので、アルコールの摂り過ぎには注意しましょう。

腸内環境を整えるサプリ

おならが臭い原因は、悪玉菌が増えた状態、つまり腸内環境が悪化した状態がつづくことです。逆にいえば、善玉菌が増えて腸内環境が良くなれば、おならのニオイや回数は抑えられます

腸内環境を整えるには、生活習慣の見直しやストレスの軽減が必要です。ただ、軽度の便秘などであればまだ良いですが、いちど大きく崩れた腸内環境を立て直すのはカンタンなことではありません

そこでオススメなのが、腸内環境を整えるサプリメントです。

生活習慣の改善だけでは効果が感じられない場合には、とくに乳酸菌整腸剤やサプリの摂取が役立つ可能性があります。このサイトのトップページでわたしがオススメするサプリを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おならの臭いを消す!悪臭対策サプリ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ