高齢者の便秘の原因は食べ物の量にあり?

少ない食事

「最近、なんだかスッキリしない」「もう3日間も便がでていない…昔はこんなことなかったのに」

年を取ると、性別にかかわらず、女性も男性も便秘になりやすくなります。それはなぜでしょうか。高齢者の便秘の原因は、おもに3つ。それは「食べ物の量が少ない」「筋力が落ちた」「加齢によって悪玉菌の増加した」です。

  • 食べ物の量が少なくなった
  • 筋力が低下した
  • 加齢によって悪玉菌が増えた

高齢者の便秘の理由をそれぞれ、具体的に説明します。

食べ物の量が少なくなった

口から体内へ摂り入れた食べ物は、胃と小腸を通って大腸へとたどりつきます。その過程で食べ物は消化されて、栄養素が吸収されていきます。

大腸では食べカスが残り、水分を吸収されたあと便として排出されます。これがおおまかな排泄の流れですが、さいごに直腸から排出されるとき、便の量がある程度ないと便意をもよおしません。

つまり、便が少ない場合は排泄されず、腸内に残されることになります。そこに食べカスが追加されて便が増えると、やっと排出されるようになります。

一般的には、年を取れば取るほど必要なエネルギーは小さくなり、高齢者は若者にくらべて食事でとる食べ物の量が少ない傾向があります。つまり、便の材料が少ない傾向があるということ。

材料が少なければ、便として排泄するのに日数がかかるのは当然です。そのため、いままで毎日でていた便が、年を取って2日間に1回になった、という程度の便秘であれば、それは深刻な問題ではない可能性があります。

心配な場合はきちんと医師に診てもらうことをオススメしますが、まずは食物繊維を多めに摂ったり、水分をこまめに摂ったりということから始めてみるのが良いかもしれません。

筋力が低下した

トイレで便器に座っても、あまり便がでそうにないとき。そんなときは、多くの人がお腹にチカラをこめて便を押しだそうとすると思います。

つまり腸内の圧力をあげて、直腸にある便をだそうという行動をとるわけですが、高齢者は筋力が落ちており、うまく便を押しだせない場合があります。

そうなると余計にチカラを入れることになるのですが、真冬などの寒い時期に、暖房設備が整っていないトイレでそれをおこなうのは、高齢者にとっては少々のリスクを伴います。

そこで、そんなときはオリゴ糖やマグネシウムなどを摂取して、便に水分を含ませてだしやすくするか、足元に風呂用のオケを置いてそこに足を乗せるなどするのがオススメです。

オリゴ糖は水分を保持したまま大腸まで届いて便をやわらかくしますし、善玉菌であるビフィズス菌の栄養になって腸内環境を良くする助けになります。マグネシウムには同じく、便をやわらかくする作用があります。

また、足をオケに乗せることで肛門の角度が変わり、チカラを入れなくても排出しやすい角度になります。

長い目で見た場合は、ウォーキングや腹筋などの運動を取り入れることも良いでしょう。便秘解消にかぎらず、ほど良いスポーツは健康促進になるのでオススメです。

加齢によって悪玉菌が増えた

悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して、その結果おならが臭くなったり便秘になったりします。

悪玉菌の増える理由は生活習慣の乱れ、自律神経の乱れなどがおもなものですが、もうひとつ「加齢」も大きな要因として存在します。つまり高齢者の腸内では、腸内細菌のバランスが悪化していることが多いのです。

悪玉菌が優勢になると、さかんに大腸に届いたタンパク質を分解して悪臭物質をつくりますし、腸のはたらき(ぜんどう運動)を弱めて便秘になりやすくなります。そのため、高齢者は便秘がちになってしまうのです。

悪玉菌を抑えて善玉菌のはたらきを良くするには、生活習慣を整えて、なるべくストレスを感じすぎないような生活を送ることが大事です。ストレスは悪玉菌を増やすだけでなく、腸のぜんどう運動に影響をあたえるので要注意です。

また、腸内細菌のバランスを良くするために、乳酸菌サプリメントなどを摂るのもオススメです。いちど崩れた腸内細菌のバランスを戻すのは、高齢者になればなるほど難しい作業になっていきます。

そこで、善玉菌を増やす乳酸菌サプリを摂取することで、自力だけでなく外部のサポートとの連携で、腸内環境を良くしていくのです。おならや便の臭いの軽減にもつながる可能性があるので、乳酸菌サプリはオススメです。

チカラを抜いて自然に生きる

上記のとおり、高齢者の便秘にはいくつかの原因が考えられます。ひとくくりにはできず、状態によって効果のある対策も変わります。心配な場合は、なるべく消化器内科や便秘外来などを受診してください。

ただ原因がわかったあとは、便をうまくだすためにも、ストレスを軽減させるためにも、チカラを抜いて自然に生きることをオススメします。

それができれば苦労しませんし、サプリを摂取するというのは自然に生きるというのと正反対なものに聞こえるかもしれませんが、腸のはたらきを良くするには、リラックスしてゆったりと生きることが大事なのです。

高齢者には、自分の人生を長く歩んできたという経験と深い知識があるはずです。それらを駆使して人生をぞんぶんに楽しみつつ、腸の健康も維持していきましょう。

善玉菌を増やすサプリのおすすめランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ