40代からの便秘対策!更年期のストレスと腸内環境の変化

スッキリ

40代になった頃から急に便秘がちになった、40歳を超えたあたりからお腹が張るようになった、という女性は少なくないようです。

40歳というのは、卵巣の機能が低下しはじめて女性ホルモンが急激に減少する、カラダの大きな変化の時期。いわゆる更年期といわれるものです。

ホルモンバランスの急激な変化によって自律神経が乱れること、また加齢によって腸内環境が悪化することで、いままで便秘にならなかった人も、便を排出しにくくなるということが起きます。

便秘になるとさらなる腸内環境の悪化が起こりますし、おならも臭くなります。たまに便がでるなら良いですが、何週間も続くようなひどい便秘を慢性的にわずらった場合、肌荒れや精神的ストレスも大きなものとなります。

40代以降も楽しく生活を送るために、更年期の便秘の原因と解消法をチェックしておきましょう。

おもな原因は自律神経の乱れ

40代からの更年期の便秘の原因は、「自律神経の乱れ」です。

自律神経とは、自分の意志と関係なくはたらいている、カラダをコントロールする神経です。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、それらが交互に高くなったり低くなったりして作用しています。

胃腸のはたらきは、リラックスしているときに優位になる副交感神経がコントロールしています。そのため、副交感神経が下がった状態が続くと、便を排出するための「腸のぜんどう運動」がとどこおり、便秘の原因になるのです。

女性は更年期になるとホルモンバランスが乱れ、それが自律神経を乱す要因になります。自律神経を整えることが、便秘解消への近道です。

ストレスの緩和と生活習慣の見直し

乱れた自律神経を整えるには、「ストレスを減らすこと」「生活習慣を見直すこと」の2つが大事です。

ストレスは自律神経の乱れにつながるだけではなく、胃腸の消化・吸収のはたらきも弱めます。胃の消化酵素がきちんと分泌されなくなったり、過剰に分泌されるようになったりしてしまうのです。

そこで、まずはストレス発散を積極的におこなっていきましょう

家族とゆったりした時間を過ごしたり、友人とカフェで談笑したりするのも良いですし、ひとりの落ち着いた時間を持つのも良いと思います。ウォーキングなどの運動をしたり、たまにはカラオケで大声をだしたりするのも有効です。

また、生活習慣の改善も重要です。

いつもちがう時間に食事をとる、食事内容がかたよっている、寝る前に飲み食いをする、まったく運動をしない、などの生活習慣は自律神経が乱れる要因になります。

食事はなるべく決まった時間にとり、バランスの良い食事内容を心がけましょう。寝る3時間前には晩ごはんをすませて、胃腸が休めるように準備を整えましょう。また、やはり運動もとりいれることをオススメします。

加齢が悪玉菌を増やす

自律神経の乱れのほかに、腸内環境を悪化させる原因として「加齢」があります。

加齢によって筋力が低下して、大腸が垂れ下がってしまったり、便やおならを排出するチカラが弱まったりします。大腸が垂れ下がり便が通りにくくなること、肛門から便を押し出すチカラが足りないことが便秘の原因になるのです。

また、悪玉菌は加齢によって増えていきます。それは善玉菌の数が減って、悪玉菌の活動を抑えるチカラが弱くなるからです。

赤ちゃんのころは腸内細菌の99%以上が善玉菌と言われていますが、成人するころには10%程度に下がり、60歳になるとわずか1%という数値になります。40代の更年期には、腸内環境がハッキリと悪化するのです。

加齢による悪玉菌の増加は避けられない事実ですが、それに対抗する手段はあります。それは、善玉菌を増やすためのサプリメントを摂ることです。

善玉菌を増やすサプリで腸内環境を改善

善玉菌はあまり強い菌ではなく、数日で死滅してしまったり、便として排出されてしまったりします。そのため、毎日、食事などで補っていくことが必要になります。

善玉菌の代表的なものは「乳酸菌」や「ビフィズス菌」です。

乳酸菌にはいくつも種類があり、風邪やインフルエンザの予防に良いとされているものもあります。またビフィズス菌は、成人の腸内の善玉菌の99.9%をしめている、とても重要な細菌です。

乳酸菌やビフィズス菌を増やすためには、ヨーグルトや納豆、漬物やみそ汁などを摂るのが良いとされています。とくにヨーグルトの摂取は簡単にできますし、低カロリーで女性には人気が高いです。

しかし、口から摂りいれた乳酸菌は、そのほとんどが胃で死滅してしまいます。

胃酸のはたらきで死滅した乳酸菌は、腸に届いたあと善玉菌の栄養になるため、まったく無駄ということはありません。しかし、善玉菌の栄養になるだけでは、加齢やストレスによる悪玉菌の増加には負けてしまうかもしれません。

そこで、胃を通っても死滅せず、生きたまま腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌が必要になります。

オススメなのが、善玉菌が腸まで届く仕組みになっているサプリメントです。サプリなら食べ物よりもカンタンに摂取できますし、善玉菌が凝縮されているので、腸内の善玉菌を増やすのにおおいに役立ちます。

わたしがオススメするのは、乳酸菌を生きたまま腸まで届けられる、フジッコの「善玉菌のチカラ」です。

善玉菌のチカラ」には、胃酸に強いカスピ海ヨーグルトの乳酸菌が、生きた状態でカプセル化されているので、善玉菌が胃酸に負けずに生きたまま大腸まで届きます。

また「善玉菌のチカラ」には、1粒あたり20億個以上の乳酸菌が含まれるほか、カルシウムと食物繊維も配合されており、腸内の善玉菌をしっかりと増やすことができます。

脂質は0.01g、カロリーも0.71Kcalと非常に低カロリーなので、体重が気になる方やダイエット中の方でも安心して摂取できます。

単品購入は通常2,550円(税込)(初回のみ1,950円(税込))、定期コース2,350円(税込)(初回のみ1,550円(税込))で送料無料なので、1日あたりの価格は80円ほど。贅沢なランチを1回ガマンしたり、お酒を少し控えたりすれば足りる金額です。

それで効果を実感できたら、儲けものですよね。

もし40代からの更年期の便秘に悩んでいるならば、腸内環境を整えるために「善玉菌のチカラ」を試してみるのが良いかもしれません。

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ