妊婦の便秘を解消!妊娠中や産後の便秘対策

妊婦

妊娠すると、女性は便秘になりやすくなります。快便体質だったのに便秘になってしまったり、もともと便秘体質だったものがさらにひどくなったりすることが多く、妊婦さんのストレスのひとつの原因になっているようです。

妊娠中はただでさえ不安が多い時期。そのときに便秘になると、余計なストレスを感じてしまい、妊婦さんのカラダにも、胎児にもあまり良い影響は与えないと思います。

ここでは、妊娠中になぜ便秘になってしまうのか、産後の便秘に効くものは何か、妊婦の便秘解消に良い方法は何かを説明します。

妊娠中の便秘の原因はホルモン分泌と水分不足

女性は妊娠すると、女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」の分泌が活発になります。このホルモンは生理前にも多く分泌されるもので、腸のはたらきを鈍くしてしまう作用があります。

排便するには腸のはたらきである「ぜんどう運動」がしっかりなされる必要がありますが、黄体ホルモンのはたらきでぜんどう運動が鈍くなり、便がうまく腸内を移動せず、便秘になってしまうのです。

また、水分不足も大きく影響しています。妊娠中には羊水や胎児の血液づくりに多くの水分を必要とするため、母体である妊婦さんが水分不足になりがちです。水分が不足すると便が硬くなり、腸内を移動しにくくなったり、肛門から出づらくなったりします。

運動不足も原因のひとつです。スポーツをしている人に便秘の人は少ないですが、とくにお腹の部分をひねる動きによって、腸内の便の動きが促されます。その運動が不足することによって便秘になるわけです。

妊婦に処方される便秘薬とは

便秘解消のために、よく妊婦さんに処方される便秘薬があります。それは「マグネシウム製剤」。具体的には、マグネシウムを配合した「マグラックス」などがよく出されるようです。

マグネシウムには、便をやわらかくする作用があり、一時的な便秘の解消に使われることが多いです。

医師に処方されるのであれば、きちんと用量と用法をまもれば安全ですが、便秘薬というと不安になる人も多いと思います。妊娠中はできれば薬に頼りたくないと考えるのは、とうぜんのことかもしれません。

マグネシウム製剤が苦手である、不安だという場合は、以下にオススメする天然成分「オリゴ糖」をつかった便秘解消の方法が良いですよ。

純度100%のオリゴ糖が安全で安心

マグネシウムは便秘解消に効くけれど、妊娠中に薬と名のつくものを飲むのはコワイ。そういう場合には、天然成分であるオリゴ糖がオススメです。

オリゴ糖は、砂糖よりも甘さ控えめでカロリーも低いのが特徴。そして便秘の妊婦さんにとってより嬉しいのが、便をやわらかくするはたらきがあることです。

純度の高いオリゴ糖は、胃酸や胆汁によって消化されず、大腸まで届きます。水分を多く含んだオリゴ糖のはたらきで、便がやわらかくなり、腸内をスムーズに移動しやすくなるのです。

また、オリゴ糖は腸内細菌のなかでカラダに良いはたらきをする「善玉菌」のひとつ、「ビフィズス菌」のエサになります。

ビフィズス菌は善玉菌の99%をしめる大事な腸内細菌であり、そのはたらきで腸内環境が良くなり、便秘解消へとつながります。同じく腸内細菌のひとつ「乳酸菌」は、このビフィズス菌をサポートする善玉菌の仲間です。

ビフィズス菌は胃酸に非常に弱く、サプリ以外では摂取しにくいのですが、その栄養となるオリゴ糖を摂ることで、ビフィズス菌が増えたり働きが活発になったりすることがわかっています。

水分不足の解消と、腸内環境の改善が同時にできる。しかも、自然界にある栄養成分なので、薬よりも安心して飲むことができる。それがオリゴ糖のメリットであり、妊婦さんにオススメの理由です。

ただし、純度の高いものでなければ消化されてしまい腸に届かなかったり、あまり効果を実感しにくかったりというデメリットがあります。できれば市販の純度の低いものではなく、純度100%のオリゴ糖を摂取するようにしましょう。

ちなみに、善玉菌には腸管免疫のはたらきを活発にして、ほかの菌やウイルスへの抵抗力を高めるはたらきもあります。妊娠中の体調悪化をふせぐためにも、ビフィズス菌とオリゴ糖の摂取は重要なのです。

ヨーグルトで乳酸菌とビフィズス菌を増やそう

一時的なものとはいっても、妊娠中に便秘になると、腸内環境は悪化します。便秘解消だけでなく、腸内環境を良い状態に保つためにも、ビフィズス菌と乳酸菌の摂取は日ごろからおこないたいもの。

そこで、妊娠中に積極的に摂りたいのがヨーグルトです。

市販のヨーグルトにも、ビフィズス菌や乳酸菌が含まれている商品が多くあります。ビフィズス菌や乳酸菌にも種類があり、それぞれ特徴は違いますが、大事なのは生きて腸まで届くタイプの菌を含むものを摂るということ。

さきほども説明したとおり、ビフィズス菌は胃酸に非常に弱く、腸に達する前にそのほとんどが死滅してしまいます。

しかし、なかには胃酸に強いタイプのビフィズス菌もおり、生きたまま腸まで届くことができるものもいるのです。そのようなビフィズス菌や乳酸菌を「プロバイオティクス」と言います。

というわけで、市販のヨーグルトを買うときには、「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く」などの言葉が書かれている商品を選ぶようにしましょう。

食物繊維でお腹スッキリ

食物繊維の摂取も、便秘解消に効果的です。食物繊維には、便をカサ増しして排便をうながしたり、便をやわらかくしてスムーズに流れるようにしたりする働きがあります。

そのため積極的に摂取したいところですが、ひとつ注意すべきことがあります。それは、食物繊維には「不溶性」と「水溶性」の2種類があり、不溶性の食物繊維を摂りすぎると、かえって便秘が悪化してしまう可能性があるということ。

排便するためには、便がある程度の量になる必要がありますが、不溶性の食物繊維はその量を増やしたり、腸を刺激してぜんどう運動をうながしたりするはたらきがあります。

そのため便秘に有効とされているのですが、じつは不溶性の食物繊維ばかりを多く摂ると、便が大きく硬くなって、逆に便秘が悪化してしまうこともあるのです。

そこで大事なのが、水溶性の食物繊維とのバランスです。水溶性の食物繊維は便をやわらかくして、腸内をスムーズに流れるようにするはたらきがあり、不溶性の食物繊維とあわせて摂ることでより効果を発揮します。

不溶性の食物繊維を多く含む食品は、玄米やキノコ類、豆類など。水溶性の食物繊維を多く含む食品は、コンニャクや海藻類などです。また、プルーンはどちらもバランスよく含んでいるので、手軽に食物繊維を摂るのにオススメです。

妊娠中の快便をめざして、水分、そして2つの食物繊維をバランスよく摂りましょう

産後の便秘解消法

妊娠中だけでなく、産後に便秘になる場合も多いようです。

産後の便秘の原因は「育児ストレス」「睡眠不足」「便意のガマン」など。ストレスは自律神経を乱して、自律神経でコントロールされている腸のぜんどう運動を阻害します。

睡眠不足も同じく腸のはたらきを悪くしますし、便意をガマンすることで、腸の排便に対する感覚を鈍らせてしまい、だんだんと便意を感じにくくなったり直腸に便が停滞したりする原因になります。

そのような産後の便秘には、やはり腸の内部への刺激が必要です。ストレスの軽減も大事ですが、育児をするかぎり、ストレスはなくなりません。ストレスをなくすというよりも、旦那さんに手伝ってもらうなどして、うまく付き合っていくというスタンスが大事でしょう。

腸の内部への刺激としては「ヨーグルトや乳酸菌サプリメントの摂取」「オリゴ糖の摂取」が有効です。外部要因を取り除くのはむずかしいので、健康食品で対応するのが良いと思います。

下剤や便秘薬の服用もひとつの対策として考えられますが、授乳時の乳幼児への影響を考えると、それは避けたいところ。できれば、ヨーグルトや食物繊維を多く含む食品、水分の摂取などで便秘解消をめざしましょう。

さらに、お腹をやさしく押したり、さすったりするというマッサージ法も良い刺激になります。腰をひねる動きなども腸のぜんどう運動をうながすことになるので、そういったマッサージや運動を取り入れるのもオススメです。

妊娠中の便秘にオススメのオリゴ糖

妊婦さんには、便秘薬は不安がつきまとうため、純度の高いオリゴ糖の摂取がオススメと説明しました。

理由は上記の「純度100%のオリゴ糖が安全で安心」で説明したとおり、水分を保持して便をやわらかくしたり、善玉菌のエサになることで腸内環境を改善したりする効果があるからです。

ただ市販のオリゴ糖は基本的に純度が低いものが多く、効果が得られにくいようになっています。そのため、純度の高いオリゴ糖を摂るには、商品をしっかりと選ぶ必要があります。

以下に、わたしがオススメする純度100%のオリゴ糖を紹介します。純度100%のオリゴ糖なので、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲めるものです。ぜひ参考にしてください。

妊婦さんも赤ちゃんも安心の「はぐくみオリゴ」

「妊娠中だから安全なものがいい」「オリゴ糖100%のものを探している」そんな人のために作られたのが、自然素材100%の「はぐくみオリゴ」です。

無着色、無香料なので妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲むことができます。そして、濃密な5種類のオリゴ糖をブレンドしているため、多くのビフィズス菌が活性化。腸内環境を良い方向に導きます。

スッキリしたと実感した人が92.7%と、満足度は非常に高め。定期コースの初回価格は半額の1,840円とお手頃で、しかも送料無用。10日間の返金保証もついているので、飲んでみて合わなかった場合は返金してもらえます。

妊娠中に安全にオリゴ糖を摂りたい場合は、「はぐくみオリゴ」がオススメです。

はぐくみオリゴの詳細・購入はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ