主人のおならの臭いが悩みです

青汁

我が家には41歳の夫がいます。結婚する前から彼のおならの臭いに悩まされています。おならが臭いだけでなく、彼はおならが頻繁に出るので家族みんなが非常に迷惑こうむっています。

このおならを何とか改善しようと色々試しています。第一に野菜を多く摂るような食事内容を意識して日々調理しています。

おなかの中の状態がよくない(カスが溜まっている?)からおならが臭うし頻繁に出るのではないか?と思っておなかのお掃除につながるような食事内容にしていますが今のところコレといった効果は出ていません。

他にも整腸作用の高い青汁などを飲んでもらったりもしていますがそちらの効果も今のところ実感できるほどではありません。

第二の対策としては芳香剤を彼のいる部屋のあちこちに置いています。リビング、洗面所、トイレ、寝室と彼がおならするエリアにはすべて網羅して置くタイプの芳香剤を設置していますが、最初の頃は効果があるような感じでも日々の臭いの解消にはつながっていません。

トイレには更にスプレータイプのものを置いてトイレを使用したら必ず使用してもらうようにしていますが、彼の悪臭にはほとんど効力を発揮していないように思われます。また一番メインで過ごすリビングには空気清浄機も設置していますが、それもおならの臭いをすぐに消すことは難しいようです。

よく聞いたところ彼の実母もおならが臭くて悩んでいるそうで、要は遺伝的要素が非常に強いことが判明。今後この臭いともっと上手く付き合っていく方法を模索中です。

管理人より一言

おならの臭いが強烈という場合は、たしかに遺伝的な要素もあると思います。たとえば、腸のカタチが便秘になりやすいカタチであるとか、バランスのわるい腸内細菌叢(腸内フローラ)を受け継いでいるというものです。

前者の場合は、器質的なものなので対処がむずかしいですが、やはり通常の便秘対策をおこなっていくしかありません。しかし、おならが臭いというだけで便秘とは書かれてませんので、後者の可能性を考えましょう。

腸内環境を受け継ぐというのは、つまり母親の腸内細菌を受け継ぐということです。

胎児のときは腸の中は無菌状態であり、産まれた直後に腸内に細菌がすみつきます。このとき、産道を通るときに母親の腸内細菌に影響を受けるという話がありますが、さだかではありません。

どこにデータがあるかは失念しましたが、あるデータでは、産科医院ごとにある一定の腸内フローラの偏りがあることが知られています。つまり、母親よりも産科医院に固有の細菌に影響を受けるということです。

どちらが正しいのかはわかりませんが、誕生したときの環境によって、どのビフィズス菌が定着するのか、バランスが変わっていくのかというのが決まる部分があるようなのです。

ただどんな腸内フローラであろうと、後天的に変質させていくことはできます。腸内環境を改善するためには、まずは肉類を控えるべきでしょう。野菜を多く摂っていたとしても、肉類を多めに摂っていては効果は限定的です。

また適度な運動やストレスケア、生活習慣の改善も必要です。芳香剤を置くなどの対処はわるくないかもしれませんが、根本的な部分を改善していくことが大事だと思います。

腸内環境が大きく乱れているという場合は、食生活の変更だけでは改善できない可能性があるので、善玉菌を増やすために乳酸菌サプリや乳酸菌整腸剤をつくことも検討するのが良いと思います。

やはり善玉菌を増やす食品やサプリの摂取、生活習慣の改善が基本であり重要です。

おならの臭い対策サプリのおすすめランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ